桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

放置された彼女のケータイを覗き込んだら間男との大量のラブメールを発見!俺は復讐&ポイ捨てを決意した。まず人がもっともショックを受けることを調べ上げた…

Date2015/11/02 08:00 View479 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2015-11-02 8.41.17)

461:1/3 2014/04/11(金) 16:49:32.07
もう10年近く前だけど、浮気した元彼女への仕返し
発覚したきっかけはよくあるパターン
放置されたケータイを何気なく覗き込んだら大量のラブメール
中にはヤッたことが容易に分かるような内容まで
もちろん相手は俺じゃない
そこで彼女への気持ちが一気に冷め上がり、復讐&ポイ捨てを決意
まず人がもっともショックを受けることを調べ上げた
結果、『幸福が訪れる直前で、自らのせいで幸福を逃すこと』であるとの結論に至る
その彼女、付き合って3年になったから、結婚の話もチラホラしてきてた
かなり意識してたみたいだから、それを利用して復讐することにした
463:2/3 2014/04/11(金) 17:04:07.01
その日、彼女のアパートで二人で飯を食ってた
そんで、ぶっこんだ
俺「俺さ、他の女とやりたいんだよね」
彼女「……は?」
俺「だってさ、これからずっと同じ女としか出来ないってなんか悲しいし」
彼女「いや……意味わかんないんだけど……」
俺「だいたい体が疼くのは、相手の女のせいでもあると思うんだよね」
彼女「いい加減にしてよ!なんのつもりよ!」
俺「それに前にした時は、凄く興奮したし。心は〇〇(彼女)にあるけど、体は別なんだよね」
彼女「」
そこまで言って、ようやく彼女は気付いたみたい
俺が言ったこと、全部浮気相手とのラブメールで書いてあったこと
それをそのまま言っただけ
彼女顔を真っ青にさせて、黙り込んで、ただ俺の顔見てた
超笑えたwww
で、決着を付けることに
俺「……もう言わなくても分かるよな?どういうこと?」
彼女「……いや……どういうことって言われても……意味が分かんないんだけど……」
目を絶好調に泳がせながらしらばっくれる
これも予想通り
俺「そっか……認めないんだな。残念だよ。もし素直に認めて謝ってくれたらやり直そうって思ってたけど……本当に残念だよ……」
目頭を押さえる俺
ちなみに認めても許す気0だった
こんなん彼女を追い詰めるためのハッタリ
それ聞いた瞬間、彼女は慌て始めて「ごめんなさい」って泣きながら謝って来た
俺「ここまで言わないと認めないような人とはやってけない。サヨナラ」
そして部屋の玄関に向かう俺
ちなみに、ポイントは彼女の部屋で飯を食べたこと
俺の部屋で切り出したら、いつまで経っても彼女が帰らないこと必至だったから、彼女の部屋で切り出して俺が出てった方がスムーズにいくと思ってた
464:3/3 2014/04/11(金) 17:11:59.44
それで、アパートを出る前にトドメ
俺「でも、結婚する前にお前の本性に気付けて良かったよ」
彼女「え?どういうこと?」
俺「俺さ、今度お前にプロポーズするつもりだったんだよ。三年間待たせたけど、指輪買って準備してた」
彼女「!!!!!」
俺「まあ、もうどうでもいいことだし。特注の指輪って、売っても半額も返ってこないんだな。金を無駄にしたよ」
彼女「ちょ、ちょっと待って……!!!」
俺「じゃあな」
彼女「ちょ……!!!」
ドア閉めて全力で走って帰った
そっから凄まじい勢いで電話やらメールが来てたけど、全着信メール無視
しばらくそれを続けてたけど、今度は家の前で待ち伏せされた
放置してたけど、止める気配ないから不審者で110番してやった
警察が俺の部屋に確認に来たけど、「いや、全く知りません。赤の他人です」って言い張ってドア閉めた
ドアの向こうから号泣する彼女の声が聞こえた時は、腹抱えて笑ったよwwww
ちなみに指輪買ったってのは嘘な
まあDQNな復讐だったのかもな
469:おさかなくわえた名無しさん 2014/04/11(金) 17:56:13.62
最初から捨てるつもりだったので、「渡りに船」だったように見えるw
470:おさかなくわえた名無しさん 2014/04/11(金) 18:05:34.85
>>469
ぶっちゃけ結婚はマジで考えてたぞ
色々忙しかったから、頃合い見てプロポーズするつもりだったし
書いてないけど、そんな感情が全部吹っ飛ぶくらいラブメールの内容が酷かった

http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1395540131/

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top