桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

高校時代の友人の披露宴に招待されて出席した時のこと。披露宴で4歳ぐらいの女の子が背中に天使の羽を背負って走り回っていた。おまけに頭には天使の輪っかを、どうやってるのか上手く浮かせてある。 で「可愛い~♪」と招待客に大好評。

Date2016/01/04 19:00 View311 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-01-04 15.12.38)

568:名無しさん@おーぷん 2015/01/21(水)11:01:55
高校時代の友人の披露宴に招待されて出席した時のこと。
その友人にはとても気の毒な披露宴だった。
新郎の姉夫婦の娘らしいんだけど、4歳か5歳ぐらいの小さな女の子が
白いワンピに白いソックス、白い靴で、背中に天使の羽を背負っていた。
おまけに頭には天使の輪っかを、どうやってるのか上手く浮かせてある。
で、「可愛い~♪」と招待客に大好評。
本人もちやほやされてご満悦で、スキップしながら会場内を練り歩く。
すでに新郎新婦が着席してるにも関わらず、その周りを走り回る。
主賓のスピーチの間もずっと。
その時は誰の子か知らなかったので、非常識な親もいるもんだ、
さっさとひざの上に隔離しろよとか思ってた。
新婦がお色直しで席を外すと、ちゃっかり新婦席に座ってるし。
しまいには雛壇のテーブルの上に上がって踊り出した。
係の人が危ないから降りましょうねって言っても嫌々してて
さすがにこの辺りから親は何やってんだって雰囲気になった。(遅くね?)
それまでちやほやされてたのが不穏な空気になったことを察したのか
テーブルの上でぐずりだした。
それでやっと母親(新郎の姉)がふくれっ面で現れて抱えて出て行ったけど
見ててすごく不快だった。
正直言って身内にあんなのがいたら苦労するんじゃないかなーと思ってたが
案の定1年持たずに離婚した。
あんな非常識な姉に全く頭の上がらない夫だったらしい。
聞けば、あの披露宴の直後に義姉に対する不満を口にして殴られたんだとか。
それまではすごく優しくて大事にしてくれたらしいが
籍を入れた途端豹変する見本のような夫だったと。
でもまあ、1年ぐらいで子供が出来る前に別れられたのは不幸中のわいわい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top