桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

娘が生まれてばかりで幸せなのにお互いが疲れ気味になっていたので雰囲気を変えたくて「いつもありがとう。愛してる」とさりげなくサラッという感じで言ったら・・・いってみるといいことあると思うよ。

Date2016/01/16 15:00 View84 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-01-16 14.46.22)

33:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/08/09(日) 00:49:05
娘が産まれたばかりで、幸せなのにお互いが疲れ気味だという雰囲気を変えたくていってみた。

娘を気にしながら俺のために料理を並べて「ごめんねー、適当なものばかりで」と笑う嫁に
「そんなことないよ。こっちこそ帰りが遅くてすまない。よくやってくれてるよ。ありがとう。愛してる」と。
さりげなくサラッという感じでいった。

すごく喜ばれて、「もう一回いって」といわれた。「嬉しい」「よかったあ」と何度もいわれて、抱きつかれた。
「離してくれんとメシが食えん」といって、やっと離れてくれた。

そのあと真面目に話したんだが、いつまでもイチャイチャカップルみたいなことをしていないで
娘も産まれたことだし、いい親、落ち着いた大人にならないといけないと俺も嫁も思っていて
意識しすぎで堅い雰囲気になっていたようだ。
娘をみるだけで疲れて、身なりや化粧にまで行き届かなくなっていて、自分でも俺にどう思われてるか
気にしていたが、そんなことを気にすること自体が母親として失格ではないかと思っていたらしい。
ということで、いいタイミングだったと思う。

「一緒にお◯ぱいあげよう」という嫁のリクエストで、娘に授乳するときに嫁の肩に手を回して抱きしめた。
窮屈な姿勢だったがすごく幸せを感じた。

いってみるといいことあると思うよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top