桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

先輩が運転する車で事故って大怪我した嫁さんを捨てて、目と鼻の先のアパート他の女と住み始めた。それから嫁に一銭も渡してなかったらしい。そんなある日、家の前で号泣する嫁さんの姿が・・・

Date2016/01/18 16:00 View258 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-01-18 12.15.24)

129:名無しさん@おーぷん 2015/05/26(火)12:03:24
事件といえばボケ老人が脱走するくらいしか起こらん、ド田舎であった修羅場。
主人公は俺の2コ上の、中学時代の先輩。DQNではない普通の人。フツメン会社員。
この先輩が25か26くらいで結婚した。相手は他県出身の女性。
2年くらいして先輩が運転する車で事故って、嫁さんだけ怪我した。それ以後義足+松葉杖で歩いてた。
さらに2年ちょっとして、先輩が嫁さんと住んでたアパートを出て、目と鼻の先の別のアパートに女と住み始めた。
相手は高校出たばっかりって言ってたから18,19。その時点で先輩30くらい。
先輩と18女はものすごいイチャついてた。すれ違いざま「え?!」って振り返って見てしまうくらい、外人か!ってイチャつきようだった。
人前なのに18女の襟から手を入れて胸触ったり、ブチュブチュやったり強烈だった。
DQNじゃないフツメンの先輩が平然とそれをやるので、逆に衝撃的な光景だった。
みんなすぐ近くにまだ正規の嫁さんが住んでるのを知ってたからよけい「うわー…」だった。
先輩の親父さんは厳しい人だったんだけど、そのちょっと前に亡くなっていた。先輩の母親はノータッチで、先輩を止める様子はなかった。
ある日、嫁さんが騒ぎを起こした。先輩と18女が住むアパートのドアを松葉杖でガンガン殴って「出て来い」「あんたのせいでこんな体になったのに」「日干しにする気か」って泣き喚いてた。
しまいに「殺してやる」って言い始めたから誰かが警察を呼んで、嫁さんはおまわりに連れられて泣きながら帰った。
数日してまた同じ騒ぎが起こった。
でも今度は中からバっとドアがあいて、先輩が嫁さんにバケツに水をビシャーってかけて、
「帰れ、こじき!」って怒鳴りかえした。嫁さんは泣いてドアにすがって、見かねた近所の人が連れて帰った。
それからほぼ毎日そんな騒ぎの繰り返し。
先輩と18女は嫁に見せ付けるかのように外でペッティングし、嫁が「飢え死にする」「千円でいいからちょうだい」って泣き喚く。もう地獄絵図。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top