桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

旦那実家に行った時、お風呂から上がった旦那が無防備な姿でリビングへやってきた。そのまま大股でソファーに座り出し「は?」と思ったけど家族はスルー。すると義姉さんが「昔っからそうなのよー、このまま堂々としてるの、ごめんね」と謝ってくれたけど・・・

Date2016/01/24 00:00 View142 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-01-23 20.23.22)

562:名無しさん@おーぷん 2015/06/13(土)03:31:56
旦那が裸族だったこと
つき合ってるとき、旦那は社員寮、自分は実家でそのことに気がつかなかった
結婚の挨拶に旦那実家に行ったときに判明
旦那実家には、旦那の父、母、出産を控え里帰りの姉、姪がいた
緊張の中訪れた家は「こんな息子に嫁が」と歓迎ムード一色で、いえいえエヘヘ全然そんなと恥ずかしがっていたまでは良かった
寿司やら手作りの御馳走をたらふく食べて、旦那はそのうち風呂へ
「あなたもお風呂使ってね」「はい」とかやってたら、何故か旦那がフルチンでリビングへやってきた
中肉中背なその身体で、そのままブラブラさせてリビングのソファーに大股開きで座りだす
「は?」と思ったけど家族はスルー、当時に二才の姪もスルー、それどころか「おじさんあそんでー」と寄ってってる

私は一人で
なんで全開??服は??せめてパンツぐらい履かないの??タオルで隠すとかないの??と目が点
そら裸は見たことあるけど、家族の前で素っ裸ってあるの??と目が点
私の家は父も兄も風呂上がりにブラブラさせたことなんかないし、私が父や兄のそれを見たのは多分幼稚園時代が最後だった

あまりびっくりしてたみたいで義姉さんが
「昔っからそうなのよー、このまま堂々としてるの、ごめんね」と謝ってくれたけど
「いっっいえ、はっ、はい、はい、ああ、あの昔からなんですか…」と返事するのが精一杯

そんな羞恥心がないらしい旦那と結婚して18年経った
相当うるさく言ったけど、未だに風呂上がりはいつまでもいつまでもリビングでブラブラさせてる、寝るときにパンツ履いてくれたら御の字
娘たちは「お父さんきもい」とマッパの父がいるリビングには来ないけど、上の娘が自室でいつまでもいつまでも裸族でいることを私は知っている
上の娘は15にもなるのに私の前では全く平気でマッパ、「親の前でも隠しなさい」といくら言っても通じない
旦那が裸族だったことより、裸族が遺伝することのが衝撃かもしれない

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top