桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

夫「運動会なのにあんまり張り切らないんだね??」私「運動会で娘に一番になれとか言わないんだー。」 夫「それはだめだ!絶対一番になれって応援してあげなきゃ!」それまでは、運動会なんてーといった気持ちでいた娘も、熱心に、真剣になり、運動会をドキドキして待つように。

Date2016/01/24 12:00 View118 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-01-23 21.50.03)

660:名無しさん@おーぷん 2015/06/12(金)02:06:17 ID:???
初めて書きます。読みづらいですが書かせてください。
私も主人と結婚した幸せを感じながら毎日をすごしています。
前夫と離婚後、働きながら小学生の娘を育て、いろんな問題も重なりボロボロになりながら何とかやっていた私と結婚してくれた主人。
娘のことはかわいがりつつ、子育てのことは私のことを尊重してか、口を出さないようにしてくれていたようです。

でも、結婚後初めての運動会が近づいた頃、
主人「運動会なのにあんまり張り切らないんだね??」
私「うん、女の子だしね、大人しい子だし走るの早いほうじゃないし。毎年私も娘ちゃんも張り切らないんだよね。期待かけちゃってビリだとかわいそうだし、一番になれとか言わないんだー。」
というと、
主人「それじゃあだめだ!!絶対一番になれって応援してあげなきゃ!親に期待されてないなんて想わせちゃいけない!」
と、娘と運動靴を買いに行き夜勤明けの日の朝走も走る練習!!と二人で公園特訓。
それまでは、運動会なんてーといった気持ちでいた娘も、熱心に、真剣になり、運動会をドキドキして待つように。
当日のスタートラインでの緊張した真剣な顔。私は走り出し瞬間から涙が止まらなくなりました。
本当は二人とも、みんな家族がたくさん見に来る中、ふたりっきりの運動会がずっと寂しかったんだよね。

何が言いたいかわからなくなってしまいましたが、二人っきりから、今年の秋には六人家族になります。
娘に、私に、家族の幸せをありがとう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top