桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

義父から「母さん(姑)がいきなり料理下手になった。助けて」と電話があったので義実家に行った。昼食として作ったという野菜炒めがあったが、なんか臭いし黒い・・・確認してみるとサラダ油の代わりに醤油をフライパンに入れた。

Date2016/01/29 12:00 View364 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-01-29 10.02.38)

934:名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)13:03:53
舅から「母さん(姑)がいきなり料理下手になった。助けて」と電話があったので義実家に行った。
昼食として作ったという野菜炒めがあったが、なんか臭いし黒い…
舅いわく、先月から料理の失敗が増えてきて、最近は毎日こんな感じらしい。
前はメシウマ姑だったのに訳がわからず、たまりかねて息子夫婦にヘルプ出したそうだ。

とりあえず姑にもう一度野菜炒め作らせてみたら、サラダ油の代わりに醤油をフライパンに入れた。
そのまま加熱すれば当然焦げるわけで、しかも更に味付けに醤油を追加するのでひどいことになる。
舅に聞く限り、他の料理もおそらくこんな調子で焦げ醤油まみれらしい。
↑舅は台所に入らない人なので、調理過程はこのとき初めて判明した。

姑に「なんでサラダ油じゃなくて醤油入れたの?」と聞いたら、当然のように「だって醤油も油よ」と…
違うよと言っても「漢字で書いたら『油』ってつくでしょ」と主張された。

夫が「母さん痴呆かも」と疑うが、まだ50代だからと舅姑そろって否定。料理以外はまともだし、と。
それを説得して病院に連れて行ったら、痴呆じゃなくて脳腫瘍が見つかった。
しかも命に関わるレベルだったので即手術。
幸い手術は上手くいって、半年後には元のメシウマ姑に戻った。
ちなみに姑、「醤油も油」と言った記憶はあるそうだが「なんでそんなこと考えた」かは、我が事ながら理解できないらしい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top