桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

ネガティブで出来ないことからは逃げがちな息子の前で嫁が半ベソになりながら縄跳びの練習に励んでいた結果…保護者対決で優勝した!俺が惚れた嫁の嫁らしい行動だった。そういう美しさが俺は好きなんだ。

Date2016/01/30 19:00 View118 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-01-30 12.31.22)

134:名無しさん@おーぷん 2015/02/18(水)23:24:36 ID:???
バレンタインに未婚二十代前半にかなり強引な告白をされた。
前からうちの嫁sageがすごい子で、何となく嫌な予感はしていたんだが…。
話変わって、うちの嫁は確かにちょっと変わってる。昔から、友達の頃からバカなやつだなぁと思ってたし。
多分俺以外の人にとってはマズ嫁と思われかねない、そんな感じ。
最近長男が幼稚園で縄跳びやコマ回しをするようになり、嫁と俺、嫁に似て不器用な長男に教える日々。
長男はネガティブで、出来ないことからは逃げがちだ。これも嫁にそっくり。
嫁はそれを俺よりも痛感していて、誰よりも長男に共感していながらも、親の立場として教え続けた。
結果、長男はどんどんコマも縄跳びも嫌いになっていった。これも嫁似。
そこからが、俺が惚れた嫁の、嫁らしい行動だった。
嫁は毎日毎日、マジで半ベソになりながら頑張って縄跳びとコマ回しに励んだ。途中ガチギレしながらも、長男の前で練習し続けた。
そして、園の参観日で縄跳びもコマ回しも保護者対決で優勝した。元体育会系なママさんも、毎日やってない人はやはりリズムがつかめなかったみたいだった。
長男も次男も、自分の母が努力して勝ったことに大興奮して、「努力」が合言葉になった。
話を戻して、確かに告白してきた子は結構器用で、そつなくこなすタイプで、しかも若くて可愛い。
しかし、少し出来ないことがあったり、残業やら資格取得やら何らかの努力が必要になったとき、彼女はすぐに逃げる。他人に押し付け、デキる女を気取る。
私生活にもそれが根付いているだろうことは、努力している他人を見るとすぐにけなすところでよくわかる。
嫁は他人をけなすより先に不器用な自分を恥じ、特訓する。
嫁は何十年後でもまだ人として輝いてるタイプだ。そういう美しさが、俺は好きなんだ。
俺は口ベタなので相手にはその場しのぎでやんわり断ったが、できればこんだけ言ってやりたかった。嫁の悪口言いやがって、立場上、一応俺は上司なんだけどな…。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top