桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

元々子ども作るのにさえ否定的だった俺。子供が欲しくて仕方ない嫁が不妊治療の末、産んだのは息子だった。女の子を欲しがっていた嫁は育児放棄をしてしまい、結果・・・え?あ、はい親バカです!

Date2016/02/01 07:00 View215 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-01-31 18.38.32)

568:名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/23(月) 11:00:18.14 .net
元々子ども作るのにさえ否定的だった俺。子ども出来たら自分の自由がなくなるのが嫌だったから。でも結婚したら嫁が
子どもが欲しくて仕方ない。仕方ないから子作りするが嫁が子宮に病気を抱えていたという。既に嫁は35歳を超えてた。だから子作りもういいやって思ったけど
嫁が諦めない。仕方ないから「女の子なら最悪育てられるかな?」って思ってたけど、不妊治療頑張って嫁が37歳の時産まれたのは息子だった。

産まれた時はテンションだだ下がり。更に嫁は育児ノイローゼになり半分育児放棄。結果俺が寝かしつけやらなんやらする事に(今考えたらこれが良かったのかも)。
そして今息子を超絶溺愛する俺がいますよっとwもう何から何まで可愛すぎるw母親に「目がハートになってる」って揶揄されるくらいw
自分の子どもってこんなに可愛いとは思わなかった。仕事から帰ってきて両手一杯広げて「パパー!」てダッシュしてくるの見たらもうヤバい
自分の自由とかどうでもよくなった。子どもが幸せならそれでいいって思える今日この頃。

え?あ、はい親バカです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top