桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

結婚してから母が嫁につらく当たるようになった。でも嫁は「可愛い息子取られたからね」と笑ってくれていた。それから数ヶ月後、母が嫁に当たり出したので嫁を悪く言われるのは嫌で言い返そうとした時、嫁がスッと手をあげて俺を制した。 そしてそのまま母に近づき母の手を取ると・・・

Date2016/02/04 22:00 View239 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-02-04 14.34.37)

318:名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/10(金) 00:53:32.36 .net
長くてごめん。

結婚してから、母が嫁につらく当たるようになった。付き合っていた時は優しかったのにな。
でも、嫁「可愛い息子取られればそんなもんよ」って笑ってくれてた。もちろん〆たしもう行かなくていいともいったんだ。けど「一人じゃ不便なこともあるだろうから」ってよく顔出してくれた。
嫁は毒親餅で、俺の母とも最初仲が良かったから、母のことも嬉しいと言ってくれた。ちらっと同居の話もしてたんだ。でもいびるようになったから俺から無理だと伝えた。
んで数ヶ月。
母は相変わらず地方が違うと味がどうのとか、言葉遣いがどうのとか言っていた(嫁と俺の生まれ育ちは全然違う地方で、味付けとか方言も違う。嫁普段標準語)
嫁からは黙っててと言われても嫁を悪く言われるのは嫌で、言い返そうとしたとき、嫁がスッと手をあげて俺を制した。
そしてそのまま母に近づき母の手を取ると、
「お義母さん、○○(俺)さんは必ず幸せにしてみせます。これからもずっと」とか言い始めた。
俺は顔から火が出るかと思うくらいパニックだったけど、嫁は母の手を握ったまま母を見つめて、「幸せにします」とか「信じてください」とか言ってた。
その後は実はあまり覚えていないけど、母と嫁はいつのまにか仲良くなっていた。戻っていたというべきかな。
あの時は俺が口説かれてるんだか母が口説かれてるんだか謎の雰囲気だったけど、嫁は嫁なりに母の心を掴んでくれたらしい。
恥ずかしい話、嫁とは分かれていた期間があったりして、嫁は今でも俺を完全には信じられないでいるみたいなんだ。でも俺のことを信じようとしてくれて、病気がちだからとマザコン気味の俺のために母をかばってくれて、ほんとできた女性だと思う。7つも年下なのになw
頭もいいし、しっかりしてる。それがコンプレックスで一度離れてしまったけど、俺も彼女に見合うように成長していこうと思っている。
先日嫁が俺の子を宿してくれたときいて、振り返ってみた。まだ他人には話せない期間だから、ここで舞い上がることを許してくれ。

http://hayabusa6.2ch.sc/test/read.cgi/tomorrow/1248219455/

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top