桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

娘が生まれてから激務で顔も見られないほど仕事仕事だった主人の4年間の記憶が、私と娘と一緒に過ごす育児生活に書き換えられていた。夫は「娘に会いたくても会えなくて、脳が幻覚産んじゃったんだなー、でもすごいリアルな幻覚だったよ」 と今でもたまにしみじみ言う。

Date2016/02/09 07:00 View74 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-02-09 7.45.39)

873:名無しさん@おーぷん 2014/10/04(土)23:43:57 ID:???
娘が生まれてから数年、夫の仕事が忙しくてなかなか顔を見られない日々が続いた
娘が4歳になってやっと夫に余裕ができて休日に遊んでやってくれる時間ができた
そしたら夫が「娘がおかしい、なんであいつは俺になつかないんだ」と
「そんなことないよ、パパ大好きだよ。ただ土日にパパがいることが今までなかったから
ちょっと慣れないんじゃないかな」と言ったら夫が
「は?何言ってんだ、俺は今までだってすっと娘と一緒にいただろ」と
妙に据わった目で言うのでぎょっとした
なのになんで娘がなつかない、おかしいぞーと言う夫を何とかなだめて
義理両親(関係良好)を呼んで、姑に娘をあやしてもらいつつ
舅と一緒に話を聞きだした
そしたら夫の中で娘が生まれてから4年の記憶がすっぽり改竄されていた
仕事仕事で忙しくてろくに家に帰ってこれなかった日々が
私と娘と夫との甘い育児生活に書き換えられていた
舅がびっくりして「しっかりしろー!」と泣かんばかりになって
それでようやく夫は「ああオレおかしいかも」と思ったようだった

今は転職してもうあれほどの激務じゃなくなったけど
夫は「娘に会いたくても会えなくて、脳が幻覚産んじゃったんだなー、でもすごいリアルな幻覚だったよ」
と今でもたまにしみじみ言う
幻覚の話を聞かせてもらうと、ほんと幸せそうな家族でちょっともらい泣きする。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top