桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

俺の判断ミスだったんだが、俺は“登山でバテた嫁を置き去りにして自分だけ登頂した旦那”になっていた。 判断ミスが重なって9合目あたりを二往復する羽目になった。妙なアドレナリンが出てたんだな。

Date2016/02/09 11:00 View189 コメント(2)

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-02-09 8.51.58)

407:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 21:45:15.91
俺の判断ミスが重なった結果ちょっときつかった修羅場。携帯が高所で
機能不全だったころの話。

息子ふたりのスポ少は恒例行事で毎年家族同伴で登山をやっていた。
その年俺ら家族は初めて登山に参加した。
ハイキング程度と思っていたら、2500超えの結構な山でびっくりした。
登山ルートは登りはほぼ直登で頂上直下は岩場の急坂。頂上超えた後は
尾根筋を巻いた後、林道をダラダラ下りて登山口に戻るコース。
大丈夫か嫁に聞いたら、小学生が登れるんだから無問題w(ここで最初の判断ミス)

登りはじめは調子よかったんだけど、徐々に嫁が遅れ始めて俺ら夫婦は
最後尾。息子ふたりを含む子供たち集団はコーチ引率で最前列。
このとき息子たちの負担を軽くするため、弁当や予備の水は俺が全部背負っていた。
(次の判断ミス)
このままでは頂上の昼食時に間に合いそうがないので嫁にこの場で待つように言って
弁当を届けにダッシュした。
子供の足は速く、なかなか追いつけない。結局頂上で子供たちに弁当を渡した。
このときはまだ嫁も頂上まで上がってこられると思っていた(最悪の判断ミス、子供をつれて下りるべきだった)

登ってきた急坂を大急ぎで下り岩場の途中で慰労困憊の嫁と遭遇。嫁は少しでも登ろうと
残してきた俺の荷物まで抱えて登ろうとしたらしい。
嫁を見た瞬間もう登頂が不可能なのがわかった。俺ら夫婦が登るまでほかのメンバーは頂上を動けない、
息子二人をコーチたちに面倒見てもらうわけにもいかない、連絡もとれない。
結局再度俺一人で岩場をよじ登ることを決断した。頂上出発の時間もせまるので再度ダッシュした。
今度はもう俺自身が限界で膝があがらない、フラフラになってやっと頂上にたどりついた。

コメント2 件のコメント

  1. 222: 匿名 : 投稿日:2016/02/09(火) 11:37:35 ID:c3MDg3NTU

    無茶しやがって

  2. 223: 匿名 : 投稿日:2016/02/09(火) 11:48:34 ID:Y0NTEwMDM

    単なる嫁との意思疎通不足だろ。
    嫁に「動くなと言っただろ、今から頂上まで行って
    事情を説明して息子たちを引き取ってくるから
    絶対にここで動かずに待ってろよ!」と説明したのか?
    もしそれを言った後でも愚痴ったり動いたりしてたのなら
    嫁のアスペルガーを疑え。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top