桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

何年も帰ってなかった実家に抜きうちで帰ったら、知らん女が母の服を着てテレビ見てた。母を探すと仏間に敷いてある布団で・・・「警察を呼ぶ!」とスマホを出すと背後から女が飛びかかってきてスマホを掴み「話せばわかるから!」

Date2016/02/10 15:00 View152 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-02-10 15.10.08)

770:名無しさん@おーぷん 2016/01/26(火)15:30:27
抜きうちで実家に帰ったら、知らん女が母の服を着てテレビ見てた時。

進学で県外へ行き、過酷なほどに多忙な職種に就いて、恥ずかしながら何年も実家に帰ってなかった。
盆も正月も帰らずたまに電話するのみ。電話はたいてい父が出て、
「変わりない」と報告だけして切る。
母に替わってもらうことはまずない。
たまたま出張で故郷の県に行く用があり、半日ほど余裕ができたので実家に寄ることにした。
一応電話したが誰も出なかったのでそのまま向かった。
鍵は持ってるので勝手に入った。この時点で何か家が臭いとは思っていた。
居間をガラっと開けて「ただいまー」と言ったら、
母の服を着た知らん女がこっちを「え?」って顔で見た。
俺も「え?」と声を発した。母より10歳くらい若い中年のデブ女。まったく知らん顔。
くつろいでジュース飲みながら昼ドラ見てた。
女が「ギャー!」と言い出したので「あれ?ここ俺んちだよな?」とパニック。
しかし家具は間違いなく俺んちだし、間取りもうちの物。何より女が着てる服に見覚えがある。
「泥棒」とか言われたが
「俺はここんちの息子だ!お前こそ誰だ!」と怒鳴ったらピタっと黙った。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top