桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

ファミレスでどっかの嫁さんが姑にイビられてたので外国人の友達と一芝居打ってみた。友「日本では、ああやって若い母親をいじめるのは当たり前なの?」俺「そんなことはない。あれは嫁イビリと言って、日本の悪しき習慣だ。」

Date2016/02/10 23:00 View139 コメント(1)

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-02-10 23.07.49)

315:名無しさん@HOME 2008/11/06(木) 10:51:03 0
長くてごめん。自分でやっちまった話なんだが。
なんだか出来すぎなくらい不思議な縁で繋がっていた話で、
事実は小説より奇なりを実感してしまったので、記念に書いてみる。

ファミレスで、外国人の友達とメシ食ってた時のこと。
通路挟んで隣の席に、姑さんと嫁さんらしき関係の女性2人と、
2歳くらいの子供とスリング?スイング?入りの赤んぼが座った。
2歳児はお子様用イスに座り、自分でどうにかメシを食っていた。
嫁さんは、2歳児の世話をしながら、赤んぼにミルク。
その間ばーさんは、ひとりガツガツとメシを食いながら、
嫁さんの悪口、嫌味をてんこもり。しかも食いながら言うから
クチャクチャうるせーし、口の中のものが丸見えで見苦しい。

会話の内容から、ばーさんがカルチャースクールwへ行くのに
足が欲しく、なおかつスクール仲間に孫を見せびらかしたく、
旦那もおらず子供の面倒が大変だからと嫁さんが断ったのに
ほぼ無理矢理連れてきたことが推測された。子供達のほうがひと段落して、
やっと嫁さんがメシ食おうとしたら
「冷めてまでゴハン食べようだなんて卑しい嫁」とか
「私の時は自分の食事は返上してでも姑や子供達のために時間を作った」とか。
反論しようとする嫁さん遮って、口答えするなんて!とののしり始め、
嫁さんがメシ食うのを阻止。サンドイッチに冷めるも何もないだろうがwww
しかも嫁さん、本当はたらこスパを食おうとしてたんだが、
注文の時にばーさんが嫁さんのオーダー中にしゃしゃりでてきて
食べやすいサンドイッチにしろ!と無理矢理オーダー変更していたw
で、ばーさんは帰り支度を始めて2歳児をイスから下ろして帰ろうとした。
赤んぼを抱き、涙目の嫁さんがあまりにもかわいそうだったため、
友達と一芝居うつことにした。

コメント1 件のコメント

  1. 284: 匿名 : 投稿日:2016/02/18(木) 10:59:20 ID:A4ODg0MDI

    なんでわざわざ難癖付けるんだろうか

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top