桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

友人に妊娠中の悩みを言ったら彼女が「子供産むことが良いことじゃない!」と全力で堕胎を推奨。それからしばらく経つとその友人から妊娠報告を受けた。「悪阻で大変だったから、妊婦さんには優しくしなきゃって改めて思ったよ」 と言ってみたり……。 沸き上がる黒い感情を抑えながら無神経な妊婦様の相手は本当に大変だった。

Date2016/02/12 18:00 View86 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-02-12 18.03.41)

987:名無しさん@おーぷん 2015/11/30(月)10:35:13
一昨年、行きつけの喫茶店で知り合った同い年の鬼女がいる。
彼女は色白黒髪丸顔華奢で、雰囲気もフワッとしている。
自己主張をそんなにしない感じで、ウフフと笑っている良いところのお嬢さん育ちって感じ。
結婚5年目だけど小梨。私は当時新婚。
同い年ってことで、Facebookで繋がってコメントし合い、年2回くらい遊ぶ仲に。

今年の春、私が妊娠するも
まだ子供を望んでいない旦那との意見の相違に滅入ってた。
そんな時、彼女から遊びに誘われて遊んだんだけど
珈琲を遠慮したり食欲が以前よりない私を不審に思い、心配してくれる彼女。
夫婦の恥と思って誰にも相談出来てなかった私は、彼女の優しい言葉に
つい悩みを吐露してしまった。すると彼女は
「産むことが良いことじゃない」
「子供を産んだことで不幸になった人を私は知ってる」
「堕胎はその子の寿命なんだよ」
と全力で堕胎推奨。
その場は彼女に感謝を伝え、話を濁してお開きにした。
その後、彼女から
「大丈夫?どうなった?」
とメッセージが届き
「まだ結論は出てない、お気遣いありがとう」
と返事をするも、メッセージでも堕胎推奨されまくられた。
結局子供は流れてしまって一時は荒れたけど、旦那としっかり話し合って再構築中。
正直まだ傷は癒えてない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top