桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

母の遺品の指輪を自分が壊してしまって、修理に出そうと仏壇のところに置いておいたのだが、嫁が仏壇の掃除の最中に壊してしまったと勘違いしてしまったらしい。嫁が指輪を壊してしまったと泣きついてきた。

Date2016/02/16 21:00 View144 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-02-16 16.09.50)

649:名無しさん@おーぷん 2016/02/14(日)22:43:45
昨年、母の遺品の指輪を自分で壊してしまった。
母は俺が5歳の頃に他界し、父が贈った指輪を肌身離さず大事にしていた事を覚えている。
母が他界してから指輪は父のところにあった。
そんな父も一昨年他界して、母の指輪は俺の元にきた。
その指輪を自分が壊してしまって、修理に出そうと仏壇のところに置いておいたのだが、
嫁が指輪を壊してしまったと泣きついてきた。どうやら仏壇の掃除の最中に壊してしまったと勘違いしてしまったらしい。
指輪を壊した事も修理に出すことも伝え忘れていた。
弁償する、お義母さんとの思い出を壊してしまったと泣く嫁を利用して、修理費どころか侘びの品まで買わせてしまった。
引くに引けなくなって、俺はいつまでも許せませんみたいな態度をとっていた。
バレなきゃ良いだろうと思っていたが、突然ふと罪悪感が押し寄せてきて、洗いざらい全部話した。
嫁、発狂。土下座しまくる俺。修理費を嫁に返して更に土下座。
しかもこのタイミングで妊娠が発覚して、嫁は更にヒステリックになってた。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top