桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

夫と結婚して5年。子どもが中々出来ないので、不妊治療を始めるべく夫婦で病院に行ったら・・・下手したら離婚になりかねなかっただろうし、あの時は本当に心の中が修羅場だった。

Date2016/02/17 18:00 View290 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-02-17 11.00.14)

379:名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)18:08:52
修羅場というか、修羅場になりかけた話。
主人と結婚して5年。
子どもが中々出来ないので、不妊治療を始めることに。
初めて不妊科に行く来る時はご主人もご一緒にと言われていたので、夫婦で病院へ。
問診票を書いていると、『今までに妊娠経験はありますか?』の項目が。
実は、学生時代に当時の彼氏の子を妊娠し、泣く泣く中絶した経験がある。
辛い過去なので、親以外には言っておらず、勿論主人にも秘密だった。
中絶経験は、ちゃんと先生に伝えた方が今後の治療等の参考になるとネットにも書いてあったので、
主人に見られないように、こっそり中絶経験有に◯をして、問診票に『中絶の件は主人には秘密です』と書いておいた。
そして、診察に呼ばれ、夫婦で部屋に入ると、
先程の問診票が思いっきり机上に置いてあり、丸見えの状態に…
とてもビックリしてしまい、先生から問診票を取り上げましたが、先生は何が起きたかわかっておらず、主人も突然の私の行動に驚いていた。
主人にも『どうしたの?落ち着いて』と言われ、先生も『問診票を返して下さい』と言い、またドーンと問診票を机上に置いて、話にならない。
どうにもならず、先生だけに先程問診票に書いた『中絶の件は主人には秘密です』という文字を指して見せ、そこでようやく先生が察して、問診票を隠した。
気が動転しすぎて、その後の話は全く頭に入らず、涙を堪えるので必死だった。
自宅に帰って来てから主人が『さっきはどうしたの?変だったよ。ちょっと引いた。何か見られたくない事でもあったの?』と、凄く変な目で見られた。
そこは適当に誤魔化し、その後は何も聞いて来ないが、多分隠したい過去があることがバレたと思う。
何も聞いてこないのは主人の優しさなんだろう。
下手したら離婚になりかねなかっただろうし、あの時は本当に心の中が修羅場だった…

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1452587624/

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top