桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

海で遊んでいたら離岸流に乗ってしまったらしく、体がどんどん沖合に持っていかれた。そして私は、パニックを起こすと固まって声が出なくなるタイプの子供だったんだが・・・

Date2016/02/22 00:00 View65 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-02-21 18.34.18)

817:名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)22:31:29
小学校2年生の夏休み、海に遊びに行った。
大人用の大きな浮き輪を買ってもらってテンションが上がった私は、
いつもよりずいぶん沖のほうで泳いでいた。
沖に行けば行くほど透明度が上がって水温は冷たくなって、
あんまり気持ちよかったもんだから、どんどん遊ぶ場所が沖のほうへ。
そして、ある一線を越えた途端、体が急に沖に持って行かれ始めた。
(後で知ったが、離岸流という陸地から離れる海流に乗ってしまったらしい)
その勢いは激しく、子供が浮き輪につかまってパシャパシャ泳ぐくらいでは
陸から遠ざかるばかり。ものすごい勢いで沖合に持って行かれた。
そして私は、パニックを起こすと固まって声が出なくなるタイプの子供だった。

幸い、すごい速度で遠ざかる私にいち早く気付いた両親が周囲に助けを求めて、
地元の漁師さんが船で救出してくれたので助かったけど
親が目を離していたり、漁師さんがいなかった場合どうなっていたやら。
助けてくれた漁師さん曰く、流されてパニックを起こし
そのまま溺れて死ぬパターンもよくあるらしいので
本当に私は幸運だったんだと思う。

この経験により、流れる水に浸かれなくなりました。
あの自分の意志では全く制御できない流れというのは本当に怖かった。
皆さんもお気を付けください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top