桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

夫は家族のために一生懸命働いてくれてると思っていたのに、休日出勤と称して浮気をしていた。不倫を知ったのは相手の女からの電話。 「私はぁ、絶対ぃ、何があってもぉ、別れませんからぁ。」

Date2016/02/23 02:00 View197 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-02-22 23.17.46)

336:名無しさん@おーぷん 2015/02/28(土)09:07:07
フェイクありなので矛盾があったらすみません。

2年前に離婚した。
3歳の男の子と産まれたての女の子に振り回される毎日だったけど
夫はこの子たちの為に一生懸命働いてくれてると信じてたから
休日出勤だと行って出て行く時もお弁当作って持たせていた。
それなのに、妊娠中から職場の女と不倫していたことを知り、
休日出勤と言いながら不倫相手と日帰り旅行し、
お弁当は中身だけ捨ててたことを知ってショックなんて言葉じゃ表せないぐらいだった。
不倫に走ったのは家庭で居場所が無かったかららしい。
大きなお腹を抱えて、走り回る上の子を追いかけ、家事もして
夫の「あれして」「これして」に応えらない。
だから鬱憤が溜まってたと言われた。
夫の鬱憤に気付かなかったのは私の至らなさかも知れないが
私としてはやるべきことはやったつもりだったし
2人目が生まれたらもっと忙しくなるから
出来る限り自分のことは自分でやってと常々言っていた。
家事を手伝ってくれと言ったことは一度もない。
ただ、自分のことは自分でやってと言っただけなのに
「おまえは変わった」と言われて売り言葉に買い言葉で
「子供が生まれれば変わるのは当たり前でしょ」と言った。
一人っ子は可哀想だ、二人目が欲しいと望んだのは夫の方だったのに
妊娠中の裏切りが許せなかった。

不倫を知ったのは相手の女からの電話。
「私はぁ、絶対ぃ、何があってもぉ、別れませんからぁ。
奥さんがぁ、諦めた方がぁ、早いですからぁ」
と舌足らずで挑戦的な、まだ20代の女。
元々女の方は入社時から夫のことをずっと好きだったらしくて、
私の妊娠中のタイミングで仕掛けたらしい。それに引っかかる夫も夫だけど。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top