桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

風邪を引いたので彼女の訪問も断り、買い出しもして万全で寝込んでいたら職場の年上女性がやってきた。さらにそこに彼女も来てしまい・・・

Date2016/02/25 16:00 View108 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-02-25 11.28.59)

571:名無しさん@おーぷん 2015/01/11(日)11:28:27
正月に帰省したときにテレビを見ていた兄が「インフルエンザが流行ってる」で思い出した修羅場。
兄が大学生で一人暮らししてた時に、風邪で熱が出たのでバイトを休んだ。
兄は薬が効いてるうちに買い出しに行って、食料も薬もポカリもユンケルも買い、万全の体制で風邪に挑む覚悟だった。
病院が嫌いなので、なんとしても自力で治すつもりだった。
そしてバイト先で知り合った出来立てホヤホヤの彼女Aさんに「風邪が伝染るといけないから来ないでね」と連絡していた。
ちゃんと自炊して雑炊作って、薬も飲んで布団でウトウトしていたら、夜の7時頃チャイムが鳴った。
来ないでって言ったのに彼女が来ちゃったか~ と思いながらドアスコープ覗いたらバイト先の女性Bさん。
職場でなにかあったのかと驚いてドアを開けたら「ご飯作りにきた」とのこと。
ちなみにこの時、兄とAさんは21歳。Bさんは25歳。
Bさん、両手にスーパーの袋を重そうにぶら下げて「廊下寒いから、とにかく中に入れて~((´д`))サムイ」と強行突破する勢い。
Bさんはバイトの先輩でいろいろ教えてくれたけど特に親しい訳でもないし、そもそも彼女ができたんだから他の女性を
招き入れる訳にはいかない!って熱があって寒気がするのに玄関で追い返そうと頑張った兄。
そんな兄に「顔が赤いよ?熱あるんじゃない?ホラホラ寝てなきゃ?」とか強引にグイグイと入ってきてしまった。
体調も悪いし、自分もちゃんと計画的に買い物してきたので問題ない。帰ってくださいと直球で言っても
作ったら帰るから、寝てていいよ、気にしないでってBさんもめげずに食い下がる。そして勝手にキッチンに入って袋から野菜出し始め
「兄君はしんどくても我慢しちゃうタイプなんだね~ こういう時は頼ってくれていいんだよ??」ってのが一番ムカついたそうです。
我慢してねーよ。帰れよ。今の状態が我慢状態だよ。って言いたかったけど今後の仕事に響くかな?って遠慮しちゃったんだって。
何を言っても出て行こうとしないし「包丁どこ~?」とか調理始めそうな勢いにウンザリして、Bさん無視して携帯もってトイレに籠城し
バイト先のチーフ(男性30代)に電話して事情説明し助けてもらうことに。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top