桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

ビルの清掃をしている人の前で「だめよ!掃除婦なんかになるのは許さないから!」とマシーン好きな子供の「いいな~あんなの使いたいな~」の言葉に叫ぶAさん。

Date2016/02/26 00:00 View47 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-02-25 14.03.30)

685:名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/11/22(土) 15:58:22.17
母親3人+子ども3人で歩いていたら、ビルの玄関が清掃の女性が大きな掃除機(芝刈り機みたいなやつ)を使っていた。
マシーン好きらしいAさんの子どもが「いいな~あんなの使いたいな~」と言うと、Aさんがものすごく焦ったように
「だめよ!掃除婦なんかになるのは許さないから!」と大声で叫ぶ。
「ああいう仕事はね、勉強もできない、まともな仕事ができない人がやるものなの」
私とBさんは仰天。「職業に貴賎はないよ!子どもに何言ってんの!」と言ってもAさんはヒートアップするばかり。
Bさんに「あの女性いくつだと思う?」と聞き、Bさんが「さあ?30歳くらいじゃないの」と言うと
なんと、いきなりその女性のところへ行って「あなたおいくつですか」と聞いた。何を言ってるの!?
女性がきょどりつつ「あの……28です」と言うと、Aさんは「ほら!清掃婦なんかしてると、老けて見えるのよ!苦労の多い仕事なのよ!」と。
いやいや、28も30も同じじゃない? 体育会系のBさんがAさんを無理やり引きはがし、私はその女性に平謝りしてその場を去った。
A子はなんか泣きそうだし、私子もB子もおどおどしてるし、散々だった……Aさんはずっと「掃除婦なんかだめ!」とA子に怒鳴っていた。
もう付き合いやめよう、とBさんと話しあった。掃除の人に親でも殺されたんか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top