桃尻娘と気狂いピエロ

- 酸いも甘いも読み物まとめ -

人気のキーワード

  • twitter
  • facebook

ご飯を食べてると必ず「もっと欲しい、もっと欲しい」と言う彼。「ねえもっと欲しいよ」 と、ねだってくる彼を見たら背筋がぞくっとして彼氏が妖怪の類に見えた。

Date2016/03/01 17:00 View204 コメントまだありません

Tag

Pocket

スクリーンショット(2016-03-01 12.03.49)

179:名無しさん@おーぷん 2015/05/23(土)12:24:58
彼氏が妖怪の類に見えた

ご飯を食べてると「もっと欲しい」と必ず言う
例えばご飯をお皿に取り分けて食べて自分の分を食べ終わると「もっと欲しい」
「じゃあ追加で頼む?」と聞くと「そこまではいいよ」と私の分を食べだす
断ると「え?なんで?もっと欲しい」「欲しいよー」と軽く駄々をこねる
家でご飯を作った時も「もっと欲しい」と人の分を食べようとする
断るとやっぱり「なんで?」「無いならまた作りなよ」「もっと欲しい」
彼の「もっと欲しい」が気持ち悪くなってきて言われたらすぐあげるようになった

友人たちと色々持ち寄って家パーティをする事になった時
リクエストを貰いクッキーを焼いて持って行く事に
彼の分もたっぷり焼き彼にもあげた
喜んでくれてそれを平らげてまた「もっと欲しい」
残りは友人の分と知っているのに「もっと欲しい」
あげられないというと「もっと欲しい」「いいじゃん」「また焼けば?」「ねえもっと欲しいよ」
ねだってくる彼を見たら背筋がぞくっとして
何かに取り憑かれてる?こういう妖怪居なかった?と怖くなり
別れた
別れる時に少し揉めて何が悪いかは理解してなかった

餓鬼に取り憑かれているんじゃないか
あの「もっと欲しい」は本当に怖かった

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top